​ストリーミング再生では音質を落としてあります。もとの音質で聞く場合はダウンロードしてください。​ダウンロードの仕方は利用規約・FAQのページをご覧ください。

​更新履歴

701系1500番代機器未更新車の走行音をアップしました。

2019年11月10日

701系1500番代機器未更新車(小牛田-仙台)の走行音を再公開しました。

 

再公開にあたって、かなり編集を施して会話を減殺させました。録音したのは2010年。まだ機器更新の始まる前だったので、パワートランジスタを使った車両のGTOっぽいVVVF音が当たり前のように聴けた時代でした。

701系は連結面で録音するときしみ音がすごいので、運転台前か車掌台前で録音するのがいいのですが、運転台前だと風切り音を思いっきり拾うことがあります。その点では、車掌台前は安心なのですが、こんどはドアのバタつきが気になったりします。なかなか雑音のない中で録音するのが難しい車両です。

787系「かもめ」の走行音をアップしました。

​2019年10月12日

前回に引き続き787の音です。

グリーン個室での録音で、今回は編集する部分がほとんどなかったため、また長さも短めなので、編集は「にちりんシーガイア」と比べ物にならないほど早く終わりました(「にちりんシーガイア」は編集に半年、こちらの「かもめ」は3日)。

​編集が短い分といったらは変ですが、イコライザーなどでの音質の編集はほとんど行っていません。個室らしいこもった音になっていますが、どちらかというとこちらが本来の音に近いです。

JR九州103系・787系の走行音をアップしました。

​2019年10月4日

JR東日本の走行音ばかりをアップしてきましたが、今回はJR九州の走行音をアップしました。

 

筑肥線の103系と787系にちりんシーガイア24号です。筑肥線は音鉄仲間のかずお君と一緒に音鉄旅行をした際に録ったものです。787系のにちりんシーガイアは今年に4月に録音したもので、6時間近くある超大作ですが、グリーン個室で録音したので、他の乗客の雑音が一切入っておらず、環境は抜群です。グリーン車というと付随車が多いのですが、787系はなんと制御電動車にあります。個室にいながらモーター音も楽しめるのです。音鉄にとって最高のシチュエーションです。

E001形四季島の走行音を2本アップしました。

2019年8月30日

今回の公開でE001形の走行音は最後です。

会津若松から郡山まではジョイント音もあってそこそこ楽しめますが、郡山からはロング区間を、しかも流して走るので極めて単調です。そのため、編集中に何度も寝落ちしたり、編集自体に取りかかる気力が削がれたりするなど、挫折を繰り返してしまい、公開に時間がかかってしまいました。

今回も、配慮に配慮を重ねて録音したため、いつもより音質は落ちていますが、可能な限り音質を改善しました。

八戸線キハ48の走行音を1本アップしました。

2019年8月11日

2015年に録音したエンジン未換装&非冷房のキハ48の走行音を再編集したアップしました。

窓全開でバイノーラル録音をしたのですが、風に吹かれないように首を動かさざるを得ない箇所がいくつもあり、どうしても聴いていて違和感がありました。今回その部分を編集でなるべく目立たないようにしました。

八戸線は意外に会話の入りやすい路線というイメージですが、連休最終日ということもあり、夜は往復ともガラガラでした。気兼ねすることなく窓を開け、海原に広がった星空を見ながら貴重な原型車を録音できたことは、数ある録音旅行の中でも特に思い出に残っているシーンです。

E001形四季島の走行音を4本アップしました。

2019年6月26日

ご無沙汰しております。ようやく走行音の編集が完了し、公開までこぎつけることができました。4ヶ月ぶりのアップです。

 

四季島の走行音です。年始に直江津までは限定公開しておりましたが、今回はその区間に加え、喜多方までを公開します。ちょうどや真夜中に走行している区間となります。加えて、短区間ですがバイノーラル録音したものアップしました。

おおっぴらにレコーダーを出して録音していいような列車ではないので、配慮に配慮を重ねて録音したため、いつもより音質は落ちています。従来どおり地道な雑音の消去のほか、新しいソフトを導入して空間性を確保したり、低音部はまるごと取り替えたといっていいほどリノベートしたりして、音質は公開できるレベルには改善したと思っています。

元八戸車の只見線走行音を1本アップしました。

2019年2月21日

前回に続き、八戸線で活躍していたキハ48形1500番代の走行音をアップしました。

原型エンジン車ばかりが只見線に寄せ集められてきたので、音鉄としては最高の路線でした。非冷房車なので夏でも録音できるのが良かったです。

小出から只見に向けて片勾配なので、只見行はエンジンを吹かしますが小出行は終始アイドリング状態。実質片道しか録音できないので、帰りは思いっきり乗り鉄を楽しみました。

只見線の全区間走行音を1本アップしました。

2019年2月14日

災害前の只見線の全区間走行音を1本アップしました。原型エンジンのキハ40が4時間近くをかけて走破します。

再公開にあたり、会話部分の消去、音圧の向上、トンネル内の音の歪みの修整を行いました。会話の消去にはiZotope RXを使用しました。が、窓を開けているといろいろな音が混ざるので難易度が高くて手こずりましたました。可能な限り消し去ったつもりです。

田子倉トンネル内では乗客の携帯電話の着信があります。おそらく衛星携帯電話かと思うのですが、超閑散区間の長大トンネル内で電波が通じるというのは面白いです。かかってきた当の本人は相当慌てていました。

E331系、E501系GTO車、E531系の走行音をアップしました。

​2019年1月29日

四季島の走行音は公開を終了しました。後日延長のうえ、再公開予定です。ふたたび期間限定公開にするかもしれません。いずれにせよ告知いたします。

さて、タイトルにあります3形式の全区間走行音をアップしました。331、501ともいまでは聞くことのできない走行音で、ひたすら懐かしいです。再公開にあたって、編集をかなり行いました。以前よりも音質が改善され、また、雑音も取り除かれ、聞きやすくなったかと思います。ダウンロードをお待ちしております。

E001形四季島の走行音を1本アップしました。

​2019年1月1日

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

新春企画として、E001形四季島の長時間走行音の一部区間をトップページにて公開しております。期間限定ですので、よかったらダウンロードしてください。

走行音は、初日最後の目的地、姨捨を出発し、会津若松を目指すところから始まります。篠ノ井線を下り、しなの鉄道、えちごトキめき鉄道を経て直江津までの区間をお聴きください。おおっぴらに録音できる列車でもないので、もともとモノラルに近かったものを編集でステレオっぽくしました。

E217系からE233系5000番代までの走行音を11本アップしました。

2018年12月18日

旧サイトで公開していたJR東日本のE217系からE233系5000番代までの走行音のうち、11本をセレクトして再公開しました。

 

E217系GTO車の通勤快速の走行音は個人的にいちばん気に入っています。VVVF音はもとより、乗客満載ならではの重量感あるジョイント音、高速走行音など、これぞE217系GTO車、という走行音に仕上がっていると思います。再公開にあたって雑音をさらに取り除きました。

E1系からE129系までの走行音を11本アップしました。

2018年11月28日

旧サイトで公開していたJR東日本のE1系からE129系までの走行音のうち、11本をセレクトして再公開しました。だんだんと形式が新しくなっていますが、それにつれて録音日も最近に近づいていきます。それに比例してこちらの録音編集技術や使用機材もアップグレードしているので、聴きやすくなってきているかと思います。

新潟地区が多いですが、今となっては聴けなくなってしまっているものも多いのが特徴です。

211系から719系までの走行音を12本アップしました。

2018年11月24日

旧サイトで公開していたJR東日本の211系から719系までの走行音のうち、12本をセレクトして再公開しました。今回の走行音は、今では聴けなくなったものがとても多かったので、懐かしさを感じながら再編集していました。

 

音質がいいものが少なく、お蔵入りしたものも多いのですが、それでもお蔵入りにしてはもったいないな、というものを中心にセレクトしました。音質重視の方は星5つのものを選んでお聴きください。

209系500番代の走行音を2本アップしました。

2018年10月30日

209系500番代の走行音を2本アップしました。

1本目は総武緩行線、もう一つは京葉線で、いずれも全区間です。旧サイトで公開していましたが、大幅に編集し直してあります。特に総武線の方は会話を消すために大胆に切り貼りして編集しました。京葉線の方はSIVの音を減殺させました。

203系・205系の走行音を5本アップしました。

2018年10月27日

203系・205系の走行音をアップしました。203系は一部区間、205系は、京葉線×2・鶴見線・南武支線の全区間走行音です。いずれも過去に公開していましたが、編集し直してあります。鶴見線は数多ある分岐器でのジョイント音を奏でながらソロリソロリと走る感じがとても気に入っています。

制作工房見学もどんどん追加しています。コンテンツも15本目となりました。旧サイトで最もアクセスの多かった、音圧を稼ぐ方法を公開しました。よりわかりやすくするため、かなりリニューアルしています。

制作工房見学の記事を7本アップしました。

2018年10月21日

意外にハイペースで旧サイトからの移植作業が進んでいます。この調子でどんどんアップしていけたらいいなあ…。単なる移植ではなく、文章や画像、音声はリニューアルしています。特に、新サイトでは説明動画を加えて、よりわかりやすく理解できるよう工夫していく予定です。

制作工房見学の記事を2本アップしました。

2018年10月19日

「制作工房見学」は、録音のノウハウをお伝えするコーナーで、旧サイト時代には本当によく読まれていたコンテンツでした。まずは手始めに2本ほど再公開しました。

旧サイトよりもわかりやすく体裁を整えるつもりですが、そうすると記事公開のペースがおちてしまうというジレンマがありますが、バランスをとりながら記事化を進めていきたいと思います。

205系600番代と209系の走行音を再公開しました。

2018-10-15

205系600番代(日光-宇都宮)と209系(蒲田-大船)の走行音を再公開しました。

再公開にあたって、日光線の方はイコライザを使って音質を改善、209系の方は耳障りだったクラックル音を減殺しました。次回の更新も205系と209系の予定です。

旧サイトの走行音をアップしています。

2018-10-05

今後の更新ですが、未公開の走行音は後回しにして、旧サイトの走行音を再アップしていきます。スペースの都合上、比較的人気の高かったものを選んで再アップしていきます。これらの走行音はトップページの新着走行音リストには反映しませんのでご了承ください。

まずは、JR北海道711系、JR東日本103系・113・115・185・189・200・201系までの走行音をアップしました。今後は、JRの電車走行音をアップしたあと、大手私鉄、中小私鉄、気動車、その他の順にアップしていきます。

711系は本格的に窓開け録音を最初に行った走行音で、いまでもお気に入りの走行音です。189系、200系は再編集をして、音質を改善しました。

走行音をアップしました。

2018-09-30

さっそく走行音を9本ほどアップしました。どの走行音も2018年中に録音したものです。

東武500系は北千住発車時に雑音が多くなってしまったので、もう一度録り直したいなあと思います。京急800形は、本来浦賀行きですが、時間の都合で途中までで打ち切ってあります。

西武101系は窓開け録音です。送風が入っていましたが、ノイズリダクションソフトで風の音を減殺してあります。

ホームページ再開。

2018-09-30

2016年夏以来、ホームページの更新を停止していましたが、ようやくホームページを再開しました。ホームページ名はTwitterアカウントと同じ、omniechに短縮しました。

なるべく環境と音質のいい走行音をアップしていきたいと思います。

旧ページで掲載していた走行音ですが、こちらも厳選した上で、順次アップします。

​編集のノウハウを公開するコーナーもちょっとずつ再開していきたいと思います。